??

歓迎会であんまり歓迎されず、二次会で行ったスナックでも主賓として扱われずおじさん達がおじさん達の話を始めたため隣で飲んでいた金子ノブアキを汚くしたみたいなお兄さん(奥さんと上手くいってないらしい)としばらく服の話をしていた。楽しい時間だった。おれはもう二度と会わないであろう人とのコミュニケーションにめっぽう強い。

何も知らない人に人生の話をしたい vs. お前に話したのは間違いだった

部屋、ずっとちょっと下水くさい。

 

A.P.C.で働いてたお兄さん(接客してもらったことはない)がやってる居酒屋に行くも話しかけられずただただ孤独のグルメをして帰ってきてしまった。

 

ガスコンロに都市ガス用・プロパン用と違いがあるのを引っ越し先にガス屋さんが来るまで知らず今はガスコンロのない生活を送っている。試しにカセットコンロで自炊してみたら家でキャンプしているようなひもじい気分になったし、ちょっとした火事にもなった。

 

髪を切った。はじめましての美容師さんと音楽の話でなんとなく盛り上がれて、その人はtoeブルーハーブも知っていた。深夜ラジオの話もした。好きなものは似通ってるのかもしれないんだけど人生の基本理念が大幅に違うような気がしてなんだか疲れた。34歳のお兄さんだったんだけどお店のスタッフとできてると勝手に予想している。

 

 

恥ずかしながら散々行かない行かない言っていたライジングに行ってきました。おれの地元が遠くて弟が飛んだことを知っている2ヶ月に1回ぐらいのペースでペットボトルのキャップを閉めないが為に机の上で水をブチまけている上司が8/16お盆だし実家帰るんなら休んでいいぞと言ってくれたからです。それが7/19のこと、ハッピーバースデーおれ。しかし、チケット最終申し込み期間が7/21であることを知る絶望の7/22。

ライジングでもそれ以外の生活でも人に助けを求めたり何かをお願いするのが極端に苦手で、いつも事前準備を怠らず何なら助ける側の人生を送ってきたつもりでいたので、恥ずかしすぎました。恥ずかしかろうが、もうここまでくれば行かないという選択肢はなく助けになってくれそうな友人たちに余っているチケットはないかと連絡を取ることにしました。

友人たちに連絡をとっている間、思い出したことがあります。小学生の頃、誰かが別の誰かにお泊まり会をやろうと言い出し、周りにいた奴らが「俺も!俺も!」と声をあげてゲストがどんどん増えていく様を目の当たりにして、おれは参加したかったけど声をあげたら歓迎していなくても招待せざるを得ない状況を作ってしまうと思って言えませんでした。結果その会には誘われなかったし、似たような催しのときも誘われることがなかったので初めて友だちの家に泊まりに行くという経験をするのはそれからずっと先の高校生になってからのことでした……

 

 と、ここまで書いてずっと下書きに眠っていました。無事ライジングのチケットは友人の友人の友人からゲットしましたが1日目は中止になりました。こういう人にお世話になったりっていう経験が本当に少なくて知らなかったんだけど想像以上にみんな親身になってくれて、自分は自分が思っている以上に自分に自信がないのかもしれないと思いました。だから10月から旭川に異動だって話もみんなにできてないし、チケットを譲ってくれた友人の友人の友人に払戻しについての連絡もできていない。 

4/29

先日小学校からの友人2人に会う機会がありました。たいした話をした訳じゃないんだけど、でもそれが昔から何も変わっていような感じがしてちょっとだけ嬉しくなりました。人に会うといっつも自分の弟の話をなってしまい、最近の弟話にはこのポイントはこれ以上聞かないでくれという部分が存在しまして他の人だと踏み込まないでくれるの、もうみんな大人だから。でも今回は全然引き下がってくれなくて2人で推理をはじめられて、なんかその光景にしっかり悲しんだ。2人なりの優しさかもしれないんだけど、その話のその箇所だけはまだ自分の中で全然オモシロ受け身を取れるほど消化てきてなくて、じゃあ話すなよって自分でも思ってるし気になるのも全然わかるから責める気もないしその2人とは今後も関わっていくんだろうなって思ってる、友達だから。でも友達だからって何もかも話さなくたっていいんだね。

これから遠くに行きます。楽しみの前に負のエネルギーをどこかにぶつけておきたくて書きました。

4/1

こんばんは。映画グリーンブックを見た話だったり、人見知りについてだったり書きたいことは沢山あるんだけど元号の話を。会社のおばさんは言いづらいってブーブー言ってたんだけど字面はひんやり感があって(たぶん冷・零のせい)いいなと思いました。あと2037年はR18になる訳だし。

年度初めは意気込んで何か始めるのにぴったりなので勉強のためのお目当ての本がなさそうな書店に行きました。案の定なくて今日はいつも通りゲームをしてました。