??

4/29

先日小学校からの友人2人に会う機会がありました。たいした話をした訳じゃないんだけど、でもそれが昔から何も変わっていような感じがしてちょっとだけ嬉しくなりました。人に会うといっつも自分の弟の話をなってしまい、最近の弟話にはこのポイントはこれ以上聞かないでくれという部分が存在しまして他の人だと踏み込まないでくれるの、もうみんな大人だから。でも今回は全然引き下がってくれなくて2人で推理をはじめられて、なんかその光景にしっかり悲しんだ。2人なりの優しさかもしれないんだけど、その話のその箇所だけはまだ自分の中で全然オモシロ受け身を取れるほど消化てきてなくて、じゃあ話すなよって自分でも思ってるし気になるのも全然わかるから責める気もないしその2人とは今後も関わっていくんだろうなって思ってる、友達だから。でも友達だからって何もかも話さなくたっていいんだね。

これから遠くに行きます。楽しみの前に負のエネルギーをどこかにぶつけておきたくて書きました。

4/1

こんばんは。映画グリーンブックを見た話だったり、人見知りについてだったり書きたいことは沢山あるんだけど元号の話を。会社のおばさんは言いづらいってブーブー言ってたんだけど字面はひんやり感があって(たぶん冷・零のせい)いいなと思いました。あと2037年はR18になる訳だし。

年度初めは意気込んで何か始めるのにぴったりなので勉強のためのお目当ての本がなさそうな書店に行きました。案の定なくて今日はいつも通りゲームをしてました。

3/2
OTO TO TABIに行ってきました。1人でフェスに行ったのは初めて。もしライジングに行くとするならソロ参加の予定、しかしこれじゃ絶対に無理だと確信。まずびっくりしたのが会場に着いた瞬間からの所在なさ。なによりワタクシ1人を選んで来ましたみたいな顔をし続けるのがジワジワ心にくる。ライブだと全然平気なのにフェスというお祭り感が1人でいることに変な後ろめたさを与えてくる。暇すぎてメインステージで次の出番を待ちながらここまで書いて、一旦トイレに向うと社会にギリギリ適合してない後輩に遭遇。見たいステージが被らず即解散。短い面会であったが心のしんどさは随分楽になった。その後、別の後輩(社会にに適合している)とその彼女にも会った。彼女とは初対面ながら会話が弾み、後輩カップルとしばらく行動を共にさせてもらい帰りには3人で寿司を食べて帰ってきた。ライブももちろんよかったし大満足。でもフェスの満足度ってライブ以外のレジャーに左右されることがほとんどなのよね。

社会に適合している方の後輩に会ってすぐのこと。今日お目当てのライブは何か聞くと「大事なのは何を見るかじゃなくて、誰と見るかですよ」と言われた。あっけにとられたいると、それは過去におれが言った言葉だと教えてくれた。おれいいこと言うくね?

12/28

朝のニュースで「2019年の運勢を予想!」みたいなコーナーをやってて僕の星座(かに座)は来年苦手なことが少なくなるっていう風に占われていた。この日は仕事納めで、終業後に各々部署の人に良いお年を的な挨拶をしてから帰る流れが毎年あるんだけど(この流れが苦痛で仕方がない)今年は朝のニュースのおかげでスムーズに挨拶することができた。おまじないっていうのはこういう事なんだと思った。

崎山蒼志 / いつかみた国

小袋成彬 / 分離派の夏

宇多田ヒカル / 初恋

V.A. / CHATMONCHY Tribute 〜My CHATMONCHY〜

星野源 / POP VIRUS

youheyhey / moonlight - EP

VaVa / Universe - EP

cero / POLY LIFE MULTI SOUL

BIM / The Beam

けやき坂46 / 走り出す瞬間

 

2018年聴いた10枚、思いついた順です。

これから帰省します。たぶん実家は暇なんでまた日記書くと思います。

もう先月の話なんですが、長いお休みに遠くへ行きました。海と山と大仏がある場所です。夫婦2人で営む小さなホテルと古いアメリカの映画みたいなケーキ屋さんが素晴らしすぎて優勝しました。素晴らしさの内訳は主に人間の思想で(最後にその素晴らしさを是非とも伝えたい)と人の心を持たないでお馴染みのえだは思いました。しかしこれまでの人生で赤の他人に感動し、それを直接伝えた経験がなかったため感動を伝えることができませんでした。今年の下半期は人に感動を伝える、を目標に生きてゆきたい。

 

短かろうが定期的に日記を書きたいという気持ちはあるます。